歩く岳携帯ナビ
携帯電話を持って、
岳温泉を歩こう!
歩く岳携帯ナビ QRコード
上記のQRコードを携帯電話のカメラで読み取りアクセスして下さい。

岳温泉観光協会 最新情報

安達太良小学校の天文台観測、なかなかなものですよ。
書込: | 2010/03/19

数日前に、二本松天文台協力会の渡辺さんから電話があり、「今日は、私達が観測に
来ていますから、良かったらお出でください。」と電話があり,初めて天体望遠鏡を
覗いてきました。

今月初めに開催された“女将と過すにひな祭り あだたら万遊博”の
一つのイベントで星を眺めようと言うイベントがあったのですが,生憎曇り空で実際
に雄観測が出来なかったのです。その時に。「そのうち、望遠鏡を覗ける機会があれ
ば教えてください。」と話していたために、数日前に電話を戴き、初体験をしてきま
した。

 その模様は,13日のあそ坊くんたよりに紹介しましたが,一昨日の午後
7時過ぎにまた、電話がありました。「今日は,先日より空が綺麗に澄み切っていて,
観測には最高です。もし、時間が取れれば、おいでになりませんか?」とのことでし
た。

せっかくのお誘いですし,先日よりも星空が綺麗だというお誘いで,仕事をしていたの
ですが,一人で伺ってきました。

菅野会長と渡辺さんが、本当に寒い中、懸命に星空観察をしていました。行ってすぐ
に、渡辺さんが屋上で,レーザーポインターを使って星座と惑星の説明を詳しくして
くれました。

おおくま座の尻尾が北斗七星であることや、ぎょしゃ座の絵馬の形,丁度真上に出て
いるおおいぬ座やふたご座、北の空低く出ている椅子の形に見えるカシオペア座にま
つわる逸話も聞くことが出来ました。北から南のほうへ長くかかっている天の川など
を教えてもらい,天文台の中へ入りました。

良く聞きましたら、この天体望遠鏡はレンズの直径が20センチあり,最大で250倍まで
観ることができ、土星の周りにある輪も見えましたし,火星,金星もはっきり観ること
が出来ました。

夜空いっぱいに広がった星空を眺めていると,夢が自然に膨らんでくるような感じに
なってきますね。

 協力会の皆さんが観測しているときに,邪魔しない程度に参加させてもらうのは楽
しいですよ。