歩く岳携帯ナビ
携帯電話を持って、
岳温泉を歩こう!
歩く岳携帯ナビ QRコード
上記のQRコードを携帯電話のカメラで読み取りアクセスして下さい。

岳温泉観光協会 最新情報

“あだたら高原の未来(あす)を考える会”の発表会がありました
書込:あそ坊 | 2010/04/19

“あだたら高原の未来(あす)を考える会”が、約半年かかって煮詰め上げてきたこの岳温泉の将来像を、観光協会役員、マスコミなど約30名が集って、その報告を15日に聞きました。

昨年の秋から福島県県北事務所の協力を戴き、設立されたこの地域に住む、20〜30代の男女10名からなる“あだたら高原の未来(あす)を考える会”が、約半年かかって煮詰め上げてきたこの岳温泉の将来像を、観光協会役員、マスコミなど約30名が集って、その報告を15日に聞きました。

 実は、数日前にこのページでも書きましたが、三役では聞いていたのですが、やはりより多くの方に聴いてもらいたいと言う熱い思いが、この発表会に持って行ったようです。
 会員がこれまで考えてきたこの地の宝・安達太良山を中心として、具体的にどんな形で進んでいったらいいのかの提案でした。

 とてもこれまでになかった面白い方向から安達太良山を捉えたプランで、若者が主体となる地域づくり計画に期待や支援の声がとても広がったような気がします。

 また、若者たちも、この計画の素案が出来た事は勿論ですが、同じ世代が集って、これだけ一緒に岳温泉の事を考える時間が持て、お互いの信頼関係がとても大きなものに広がった事を喜び、感謝していた渡辺会長の挨拶には、心からの拍手を送ってあげました。

 昨年、8月の帰ってきた「わかば女将」も、与えられた分野の説明を精一杯していたようでした。
 これで、やれるんだと言う自信をしっかり持って、今後進めてもらえれば、更に期待は膨れ上がってきますし、現在の役員も皆、力仕事はお手伝いすると彼らに約束をしていました。

 その場に初めて参加した「空の庭・リゾート」の渡辺社長のコメントの中で、「岳温泉は皆が思い思いに、年齢も気兼ねすることなく意見を交えて話が出来る素晴らしいところだと、改めて感じました。」と言うふうにおっしゃっていましたが、嬉しくなってしまいますね。
 今後の具体的な展開が起こるまで、どうぞ楽しみに待っていてください。