歩く岳携帯ナビ
携帯電話を持って、
岳温泉を歩こう!
歩く岳携帯ナビ QRコード
上記のQRコードを携帯電話のカメラで読み取りアクセスして下さい。

岳温泉観光協会 最新情報

 モンデンモモが都内で「2010 ほんとの空コンサート」を開
書込:あそ坊 | 2010/06/09

 弟の死をきっかけに、はじめは自分のために口ずさむように歌っていた智恵子抄も、時とともに「モモの智恵子抄」として一つの大きな作品群になってきました。

モンデンモモは、高村光太郎の詩集「智恵子抄」に曲をつけて歌い始めて今年で20年になりました。高村智恵子さん没後70年の年に、智恵子さんの生誕の地で、コンサートをした時「何故智恵子抄に」というマスコミの問いに答え始めました。

2005年に初めて智恵子の生誕の地、安達町を訪れ、コンサートをし、それ以来、福島県に」多くのファンが増えてきました。
 11月に、モンデンモモの活動を応援しようと「モンデンモモを育てる会」が二本松に立ち上がり、現在約100名の会員に増えてきています。
 6月6日、お陰様でモモ育東京が立ち上げとなり、発声道場に参加して感動して、モモさんに今も歌を習っている澤村和夫さんが代表となり、恵比寿にあるアートカフェフレンズで記念コンサート“2010 ほんとの空コンサート”が開催されました。
 午後7時半から第1部の「モモの智恵子抄」と題し、道程〜冬が来た、あどけない話、梅酒、もしも智恵子が、など12曲をギターリスト・田嶌道生さんの素晴らしい弦から奏でられる音色で、モモさんも熱唱。集まった約80名の聴衆は完全に智恵子の世界に酔いしれていたようでした。
 午後8時40分に第1部が終了し、20分の休憩を挟み、第2部がスタートしました。
これまでのコンサートにはあまり見られなかったピアノの弾き語りが2曲あり、モモ育東京代表の澤村さんの挨拶があり、二本松モモ育会長の佐藤俊夫がこれまでの流れやこれから安達太良山を世界に情報発信するために、モモさんとがっちり手を組んで、モモ育を全国に広げて行きたいと挨拶をしました。
 6、7月と二本松、本宮でワークショップやコンサートが続き、8月6日から2泊3日のフォレストパークあだたらで、全国から参加者を募集してミュージカル合宿が開催されます。
 また、10月4日から1泊2日で「モンデンモモランチコンサートと二本松提灯祭り見学のツアーも計画されています。5日が智恵子の命日で“レモン忌”(智恵子をしのぶ会)になっているために、オプションでそのレモン忌にも参加できる旅行が参加者の募集を始めました。
 二人の挨拶の後、冬の華、街角、カルーソー、しゃべる、古代への旅など9曲を歌い上げました。数名の方から花束のプレゼントがあり、アンコールにこたえて「今 地球にハーモニー」を会場を埋めた聴衆がモモさんと一緒になり、手話を交えた楽しい歌を最後に
コンサートが幕となりましたが、なんと9時45分を廻っていました。
 会場を後にする方々の表情が気のせいか、とても和やかな表情で、「とても素敵な時間でした。ありがとう。」と言ってお帰りになられていました。
 これから各地で誕生するモモ育が楽しみになってきました。

※ 7月2日 ディナーショーが岳温泉、くぬぎ平ホテル 水上レストラン「時空の舟」にて開催されます。
只今、予約受付中です。   
   ディナーショー(フリードリンク) 6.000円 税込み
     1泊の場合は、11.000円と13.000円 税込み