歩く岳携帯ナビ
携帯電話を持って、
岳温泉を歩こう!
歩く岳携帯ナビ QRコード
上記のQRコードを携帯電話のカメラで読み取りアクセスして下さい。

岳温泉観光協会 最新情報

100万人目のキャンドルナイト、23日の冬至に実施しました
書込:あそ坊 | 2009/12/24

Candle-Nightは、照明を消し、キャンドル(ろうそく)を灯して過ごそうという運動で、スローライフ運動の一つになって来て、いまや全国的な大きな流の中に入ってきています。

気分転換や雰囲気作りを図り、癒しなどの効果を求めるよぷになって来ており、キャンドルの原料によっては、アロマセラピーといった付加的な効果を得ることもできることも、注目を集めています。
二本松市内でも、省エネルギーや地球温暖化防止(温室効果ガス削減)を目的とすることも念頭において数年前から始まっています。
「100万人のキャンドルナイト」と銘打ち、2003年の夏至(同年6月22日)に第1回が行われ、以降夏至と冬至を中心とした期間の夜(日本時間20:00〜22:00)に行われ、
日本各地でさまざまなイベントが行われています。
 数年前に、雪のロウソクと銘打って実施明日ことがありましたが、今回は二本松未来想像ネットワークの呼びかけにより、実現したものですが、
市内では、亀井坂の露伴亭、竹田のお堀端市、岩代小浜の3ヵ所と岳温泉の4ヶ所で同時に実施されたものです。
 周囲の電気を落して、ロウソクの火で過ごすろるのひと時は、また格別ですね。
今年の機会を土台に、来年は大きくキャンドルの火を市内一円に繋ごうと計画しているようですよ。
 岳温泉では、オカリナのメンバーがサンタクロースの衣装で、可愛らしい曲を演奏してくれました。
ここのところニュースで取りざたされている「地球温暖化」、本気で世界中で取り上げて検討していかなければなりませんね。

 今日は、クリスマスイヴ、家族揃って、楽しい団欒をお過ごしになっていることでしょうね。
あと1週間で新しい年をお迎えすましが、皆様にとって輝かしいとしになりますことをお祈りいたしていります。