安達太良山

風当たりの強い山の上部にはミネカエデ、サラサドウダン、ハクサンシャクナゲ、アカミノイヌツゲ、チシマザサさぢ低木の群落が広がり、 谷状の地形ではブナ、ミズナラなどの森林が山の上部にまで入り込んでいます。 アオモリトドマツなどの亜高山帯針葉樹は、最近まで火山活動があったこと、山域が狭いこともあり断片的に小さな林を形成しています。 一方、火山活動の名残を止める域内では、ガンコウラン、ミネズオウなどのわい小な低木や、イワカガミ、シラネニンジン、メイゲツソウなどの草木など火山性の植物群が見られます。


ヤマトシジミ

アキアカネ

イワウチワ

イワカガミ

シャクナゲ

●湯川渓谷
ほとんどはミズナラで覆われスギ、カラマツの植栽林が混じります。 休傾斜地にはウダイカンバ、尾根筋にはキタゴヨウの林が一般的。 下生えにはムラサキヤシオツツジ、トウゴクミツバツツジ、コヨウラクツツジなどツツジ科の低木、林床にはオサシダ、ヤマソテツなどシダ類が多い。 屏風岩付近では下生えにツツジ類、サラサドウダン、アズマシャクナゲ、林床にウスノキ、オサシダ、イワニガナ、イワアカバナ、イヌトウバナ、ゴマナなどの花も見られます。
.
●僧悟台
全般的にミネカエデ、チシマザサの低い繁みが広がっています。 このほか湿地帯にはヌマガヤ、タチギボウシ、やや乾燥した所にはススキ、傾斜地にはミズナラ林、鉄山下の雪田(季節風が作る雪だまり)にはヌマガヤ、コバイケイソウ、カラクサイノデなども見られます。 ハクサンシャクナゲも多く、県指定天然記念物ヤエハクサンシャクナゲ自生地として保護されています。
.
●火山荒原
安達太良山頂北側〜鉄山にかけて火山活動後の裸地が多く、火山性の植物群が見られます。 広く分布するのはガンコウラン、ミネズオウなどの低木、イワカガミ、シラネニンジン、メイゲツソウなどの草本です。 くろがね小屋〜鉄山の斜面ではススキ、ミネヤナギ、ガンコウランが、無植物地帯の沼の平火口付近にはコメススキ、コメバツガザクラなど火山のパイオニアが散らばります。
.
●箕輪山と鬼面山
比較的古い時期に火山活動が終息した地域で安定した植物群が見られます。 ハイマツ、ハクサンシャクナゲ、ミネザクラ、ミネカエデ、ナナカマドなどの密生した低木群落、ところによりその下生植物のコケモモ、ガンコウラン、イワカガミ、ミツバオウレンなどの高山植物など。 笹平一体には名のとおりチシマザサが密生しています。

八幡滝