新商品も続々登場♪ 多彩な焼きたてが並ぶ“やまのパン屋さん”

ふんわりやわらかな食感にこだわった種類豊富なパン

こんにちは、岳温泉観光協会です!

 

みなさん、「シャッポ」という言葉をご存知ですか? フランス語の「chapeau(シャポー)」から生まれた言葉で「帽子」を意味します。最近はあまり使われなくなったので、もしかしたら若い方は知らないかもしれませんね。

 

でも、こちらの「しゃっぽ」は地元住民なら子どもからおじいちゃんおばあちゃんまでみんな知っていてみんな大好き! そうです、今回ご紹介するのは『やまのパン屋 しゃっぽ』。岳温泉街から県道30号を大玉村方面へ車で5分ほど走った緑豊かな場所にあるベーカリーです。

 

 

木の温もりにあふれた店内に入ると、焼きたてパンの良い香りが漂ってきます。棚には食パン、フランスパン、惣菜パン、菓子パンなど種類豊富なパンがずらり。どれもおいしそうで(実際おいしいんです!)迷ってしまうほどです。お財布にやさしいお値段なのも嬉しいポイントですね。

 

 

この多彩なパンを一人で作っているのが店長の高橋勝比古さんです。いったい何種類あるのか聞いてみると、「お店に並んでいるもので80種類以上はあるかな。塩パンだけでも5種類あるから」とこともなげに返っきてびっくり。毎朝4時に起きて焼き上げるパンは、厳選した小麦粉と地下80mから汲み上げる安達太良の天然水を使用。『しゃっぽ』ならではのふんわりやわらかな食感にこだわって仕上げています。

 

 

パンに添えられたかわいらしいPOPを作っているのは奥様の貴子さん。商品の説明はもちろん、アレルゲンも一つひとつ丁寧に記載されているので安心です。

 

 

22年前に東京から移住して開店。現在も日々進化中

『しゃっぽ』がオープンしたのは1999年8月。当時の店長は、勝比古さんのお父様の俊勝さんでした。「もともと父親が東京でパン屋をやっていて、僕もそこで働いていたんです」と勝比古さん。お母様のフミ子さんが二本松市東和の出身で、子どもの頃から東和によく遊びにきており、岳温泉にも何回か泊まったことがあると言います。

 

「子育てが終わったから東和の両親の近くに住みたいと母親から話が出て、父親もいいよとなり、東京の店を閉めて家族で引っ越してきたんです。僕は22歳だったんですけど、その時に結婚して妻も一緒にこっちに来ました」

 

 

観光客が立ち寄ることも考慮し、岳温泉近くの現在地に移住してお店を構えました。『しゃっぽ』という店名はフミ子さんのアイデアだったそうです。

 

「東京の店の名前は『ヴィダック・ベーカリー』だったんですけど、安達太良山がある観光地に来たのに、それだとなんだかイメージがつかない。そしたら母親が自分の父親が昔、帽子のことをシャッポと言っていたことを思い出して、響きがいいねとなって。ただ『しゃっぽ』だけじゃ足りないので、山にあるから『やまのパン屋』をつけて今の店名になりました」

 

 

オープンからまもなく22年。俊勝さんから受け継いだ技術をもとに、勝比古さんが新しい技術や材料を取り入れて焼き上げる『しゃっぽ』のパンは今も日々進化を続けています。ラム酒漬けのレーズンとクルミが入った人気No.1の「山のパン」(税込230円)、店名の帽子と“乳首山”の愛称を持つ安達太良山をイメージした「しゃっぽぱん」(税込110円)などの定番のほか、店内には勝比古さんが次々と生み出す新商品も常時並び、訪れるたびに嬉しい発見があるのが魅力です。

 

 

「一番多いのは惣菜パンで、その時々で違うけど40~50種類はあるのかな。毎日作っていると『今日これやってみようかな』ってパッと思いつくんです。カミさんとかスタッフに言うと、朝の忙しい時間にPOPを作らなくちゃいけないから『えっ』ってなるんですけど(笑)」

 

 

ひんやり濃厚「アイスコッペ」&熱々「ホットサンド」

勝比古さんのアイデアで生まれたたくさんの商品の中でも、今の季節にぴったりなのが「アイスコッペ」(税込210円)。昔懐かしい味わいで人気の「あだたらコッペパン」にバニラアイスをはさんだ一品です。「3年くらい前にすごく暑い日が続いて、あんぱんもあんまり出なくてどうしようかなーと思っていた時に『アイスはさんでみる?』となりました(笑)」

 

 

シンプルながら旨味のあるコッペパンに濃厚なバニラアイスが絶妙にマッチ。ボリュームもたっぷりで、近所の中学生がしょっちゅう買いにくるというのも納得です。

 

 

そして今年3月に登場した新商品が「ホットサンド」。「ハムチーズ」と「つぶあんマーガリン」の2種類があります(各税込320円)。

 

 

注文を受けてからこんがり焼き上げるので、「ハムチーズ」はチーズがとろ~り。「つぶあんマーガリン」と両方頼めばしょっぱいのと甘いのをどちらも楽しめ、無限に行けちゃいそう…。店内奥にイートインスペースがあるので、パンに合うようにブレンドされたオリジナルの「しゃっぽブレンドコーヒー」(税込275円)などのドリンクと一緒に味わうのもおすすめですよ。

 

 

東京から移住してきて22年。安達太良山麓の豊かな自然の中で「気持ちを整える」ことができていると、勝比古さんは笑顔で話します。忙しい日々の中でも尽きることのないアイデアで作り出す多彩な焼きたてパンを買いに、ぜひ『しゃっぽ』に足を運んでみてくださいね。

 

やまのパン屋 しゃっぽ
住所:福島県二本松市馬場平146-14
電話:0243-24-2888
営業時間:10:00~18:00(6月~8月は10:00~19:00)
定休日:火曜日・第4水曜日
駐車場:8台
公式SNS
Facebook   https://www.facebook.com/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%B3%E5%B1%8B-%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%A3%E3%81%BD-699451557114773
Instagram  https://www.instagram.com/bakery_chapeau/?hl=ja

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のためイートインスペースが利用できなくなることもあります。ご了承ください。

シェアしてくんちぇ